トイレトレーニングのコツは、子どもが自ら取り組めるような楽しい工夫をすること

現在、2児の子育て真最中のむぎちょこです。

毎日仕事で子どもたちと関わっているのですが、自分の子育てとなると上手くいかないことだらけで、日々悩みはつきません。

うちは共働きなので、身の回りのしつけは、ほぼ保育所で教えてもらいました。

でも、保育所ではできていても、うちに帰ると全くできないというか、しようとしないということがしばしば。

 

例えば、トイレトレーニング。

娘は、新しいことに切り替えることに不安が強かったので、まずはおむつからトレーニングパンツに変えるところで難色を示しました。

そこでトイレトレーニングをどうしたら成功させることができるか、考えてみました。

 

褒めて伸ばすトイレトレーニング

子どもは好きなこと、楽しいことに変換すればチャレンジできます。

だから、「一度でも成功すればすぐに褒める!」

そうすることで、子どもが自分で上手くいったと感じたら自信がつくはず!

そして、続けられるはず!

「どうしてできないの?」と叱っても、成功体験につながらないだけでなく、「どうせ自分はダメだし…。」と自己肯定感が下がるだけです。

だから、こういったトレーニングは、絶対褒めて伸ばすトレーニングがいいのです。

 

可愛いトレーニングパンツを買うというのもアリ

ということで、まず子どもと一緒にトレーニングパンツを買いに行きました。

娘も真剣に選んでました。

あれもいいな、これも可愛いといっている間にそのパンツを早く履きたくなったようです。

そして、「新しいパンツを汚したくないから、トイレに行こう」と自然に思ったようでした(もちろん、トイレで成功した時はめちゃくちゃ褒めましたが)。

このようにして、トイレトレーニングをクリアすることができました。

 

楽しい!を取り入れよう

子どもは(大人だってそうですが)、楽しいこと、わくわくすることには自分からチャレンジします。

そして、苦手なことや不安に思うことは後回しにしがちです。

 

だったら、子どもが自分から取り組めるような、楽しい工夫をしてみましょう。

もちろん、トイレトレーニング以外でも、ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です